コレステロールをコントロールしよう|サプリで適切な数値まで下げる

青魚のサラサラ成分

ウーマン

サラサラ成分の豆知識

血液に含まれる中性脂肪の濃度が濃くなると血液がドロドロになり、血液循環が悪化します。いわしなどの青魚には血液をサラサラにする成分が含まれており、青魚を食べるとドロドロの血液がサラサラになります。青魚のサラサラ成分はDHAとEPAであり、DHAとEPAは中性脂肪を減らすサプリメントとして市販されています。青魚を食べるのが苦手な人でもサプリメントであれば手軽に摂取することができ、美容と健康に役立てることができます。サラサラ成分のDHAとEPAを比較すると、サラサラ効果はEPAの方が優れています。EPAは血液中の血小板が凝固するのを防ぐ働きがあり、血栓を予防することによって血液をサラサラにします。脳神経などの神経系に働きかける力は、EPAとDHAを比較するとDHAの方が優れており、DHAの働きで脳の認知能力が向上します。

サラサラ成分の注意点

中性脂肪を減らして血液をサラサラにするサプリメントには、EPAとDHAが含有されています。EPAとDHAはバラバラに摂取すると期待できる効果が半減するので、両方の成分が含まれているサプリメントを選ぶように注意しましょう。血液をサラサラにするには抗凝固剤を服用するという方法がありますが、抗凝固剤とサプリメントを比較すると血栓を解消する効果は抗凝固剤の方が優れています。血栓症の患者はサプリメントではなく医薬品の抗凝固剤を服用することが必要です。副作用などの安全性の面でサプリメントと抗凝固剤を比較すると、安全性はサプリメントの方が優れています。ただし、EPAとDHAのサプリメントを過剰摂取すると血圧が低下する場合があるので、過剰摂取は厳禁です。