コレステロールをコントロールしよう|サプリで適切な数値まで下げる

関節リウマチに効く脂肪酸

栄養補助食品

関節痛の原因を絶つ方法

人間の体は老化が避けられず、ある程度の年齢になると手足などの関節に痛みを生じることも多くなります。その多くは加齢に伴う軟骨劣化が原因の変形性関節症です。軟骨修復効果があると言われるグルコサミンを配合したサプリメントは、そうした人たちの間で根強い人気を集めています。しかしながらその一方では、グルコサミンを摂取しても思うように関節痛が解消できないという人もいます。そのような人の関節痛は、単なる軟骨の劣化ではない可能性があります。痛みの背後に関節リウマチが潜んでいる場合は、変形性関節症と原因がまったく違ってくるのです。加齢による軟骨の新陳代謝低下を背景とした変形性関節症では、物理的な要因も加わって炎症や痛みが発生します。関節リウマチは免疫系の異常により、免疫細胞が自分自身の関節を攻撃することで炎症が生じると考えられます。グルコサミンで軟骨を修復すれば症状軽減効果が得られる可能性もありますが、免疫異常という根本的な原因は解消していません。関節リウマチの症状を改善させるには、暴走している免疫系にブレーキをかける必要もあります。オメガ3と呼ばれる脂肪酸にそのブレーキ効果があることがわかっています。

過剰な免疫反応を抑制

常温で液体となる不飽和脂肪酸の中でも、特にオメガ6とオメガ3は人体に欠かせない必須脂肪酸です。オメガ6は食用油にも多く含まれているため、普通の食生活では不足することが考えられません。むしろ過剰摂取が問題となっています。オメガ6でも代表的なのは、揚げ物などにも多く使われているリノール酸です。このリノール酸を摂り過ぎると、炎症を引き起こすプロスタグランジンという物質も増えることが判明しています。オメガ3脂肪酸は逆に炎症を抑制するように働きます。オメガ6とオメガ3の摂取量比率は1対1から、多くても4対1が理想とされます。オメガ3は青魚などに多く含まれますが、マグロやサンマ・サバなどを毎日食べなければ不足してしまうものです。そんな人でも配合サプリメントでオメガ3を補うことができます。気管支喘息や花粉症・アトピー性皮膚炎といったアレルギー症状でも、すでに同じような効果が確認されています。オメガ3サプリメントの摂取で免疫の暴走が抑制され、アレルギー症状が改善したという人も少なくないのです。関節リウマチに長年悩まされている人も、オメガ3サプリメントを試してみる価値は十分にあります。